fc2ブログ

フリーエリア

人気blogランキングへ


ブロとも申請フォーム


皇室典範

皇室典範(こうしつてんぱん)は、皇位の継承順位など皇室の制度・構成等について定める日本国憲法で間接的に設置が義務づけられた日本の法律である。皇室典範には、大日本帝国憲法時代のもの(明治22年2月11日裁定(勅定))と、日本国憲法下のもの(昭和22年1月16日法律第3号)とがあり、前者は後者と区別するために、旧皇室典範と呼ばれることが多い。

概要
日本国憲法体制下の皇室典範は、法律として制定され、他の法律と同様に、制定および改正は国会がおこない、皇室の制度そのものに国民が国会を通じて関与することとなった。

日本国憲法第2条は皇位は世襲のものである旨規定しているが、その方法については、皇室典範の定めるところによると規定して、例えば皇位継承者の性別については触れていない。皇室典範の規定では男性の皇族にしか皇位継承を認めていないが、秋篠宮文仁親王以来41年間男性の皇族の誕生がなく、若い男性皇族が不足していることから、敬宮愛子内親王誕生後、皇室典範の改正が議論となり、その議論のなかには、女性にも皇位の継承を認めるべきだとの意見や、旧宮家を皇籍復帰させるべきだとの意見もみられる(皇位継承問題)。

また、最近では、本人の意思を尊重した上で、皇族の女性と旧宮家の男系男性との婚姻のみに限定する形で、男性の皇族入りを認めるようにすべきだとの意見も出ている。こうすることで、皇族の女性の子供に男児が生まれ、天皇になったとしても、男系男子を維持できるし、旧宮家復活も国民の抵抗なく円滑に進むと考えられるからである。


[編集] 構成
第一章
皇位継承
第二章
皇族
第三章
摂政
第四章
成年、敬称、即位の礼、大喪の礼、皇統譜及び陵墓
第五章
皇室会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%AE%A4%E5%85%B8%E7%AF%84


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

本書は、皇族講話会に於ける東京帝国大学法科大学教授穂積八束の講義録である。講義の内容は、皇室典範及び皇室典範増補(所謂第一増補)の逐条註釈、ドイツ諸王室法制の概説である。

【目次】(「BOOK」データベースより)

皇位継承/踐祚即位/成年、立后、立太子/敬称/摂政/大傅/皇族/世伝御料/皇室経費/皇族訴訟及懲戒/皇族会議/補則

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

穂積八束(ホズミヤツカ)
明治16年、東京大学文学部政治学科を卒業、ドイツ留学後、同22年3月、帝国大学法科大学教授に任じられる。大正元年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

本書は、「近代日本の国家形成と皇室財産」を主題とし、それを「皇室経済関係法令の成立史」という法制史の立場から実証するものである。本書は、明治初年から昭和戦前期までを論述の対象とし、わが国において立憲君主制が確立していくなかで、天皇・皇室が、国家にどのように位置づけられ、制度化されたのかを、皇室経済関係法令成立史の観点から解明することを目的とする。この点に着目したのは、皇室と国家との関係を、抽象的・概念的に論ずるのではなく、皇室の運営に不可欠な経済関係法令の形成過程を解明することにより、具体的・客観的に論証することが重要だと考えたからである。これは、天皇や皇族の公私の関係を究明することになり、また、皇室財産、皇室費、天皇への課税、大礼費用や政教分離といった諸問題を解決する手がかりにもなる。

【目次】(「BOOK」データベースより)

前篇 皇室経済関係法令の形成過程―明治立憲君主制の成立(宮中・府中の二元化/『皇室典範』制定過程における経済規定論議/皇族制度形成過程における井上毅と柳原前光/皇族経済の独立と『皇室会計法』)/後篇 皇室経済関係法令の完成過程―明治立憲君主制の展開(明治典憲体制の成立と『皇室典範増補』の公布/『皇室財産令』の成立/『皇室会計令』の成立/『皇族遺言令』の成立 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

川田敬一(カワタケイイチ)
昭和42(1967)年大阪府寝屋川市生まれ。平成元年京都産業大学法学部卒業。同11年京都産業大学大学院博士後期課程修了 博士(法律学)。現在日本学術振興会特別研究員。書評に「ヴァーノン・バグダナ著『君主制と国制』」(『産大法学』第34巻第1・2合併号所収)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

本書は、皇室に関する国の規範である「皇室法」について、その理論と実際の運用について解説を試みたものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1部 総論(皇室法の定義と法的性質/皇室法における憲法第一章及び皇室典範の位置付け/皇室法の二つの価値/皇室法と基本的人権/皇室法の運用に関する組織)/第2部 各論(「象徴制」に関する制度/「世襲制」に関する制度)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

園部逸夫(ソノベイツオ)
1929年生まれ、岐阜県出身。1954年京都大学法学部卒業、法学博士、京都大学助教授、東京地裁・東京高裁・前橋地裁(部総括)判事、最高裁上席調査官、東京地裁(部総括)判事、筑波大学教授、成蹊大学教授を経て、1989年最高裁判所判事(1999年3月まで)。1995年皇室会議議員(1999年3月まで)。2001年叙勲(勲一等瑞宝章)。現在、弁護士、立命館大学大学院客員教授、外務省参与(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

本書は、憲法学研究の第一人者が、戦後と明治、新旧二つの皇室典範を爼上に乗せ、制度としての天皇制の形成過程とその基本的性格を歴史的に検証、法解釈学的な評価を試みる考察である。昨今の表層的な「女性天皇」容認論や「皇室の民主化」論において見落とされがちな、日本国憲法下の天皇制そのものの本質的な矛盾を徹底的に問い直し、その先を展望する。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1部 戦後皇室典範の制定過程―今日的課題の源流(「皇室典範的なるもの」への拘泥―皇室典範の基本的性格をめぐって/「天皇の退位」「女帝」「庶出の天皇」―皇室典範の各論的考察)/第2部 明治皇室典範の成立過程―「近代化」と「萬世一系」(皇位継承をめぐって―「庶出ノ天皇」「女帝否認」/「天皇の退位」否認をめぐって)/「万世一系」と「天皇の不自由」との関係

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

奥平康弘(オクダイラヤスヒロ)
1929年生まれ。1953年、東京大学法学部法律学科卒業。東京大学社会科学研究所教授、同所長、国際基督教大学教授、神奈川大学短期大学部特任教授を歴任。東京大学名誉教授。憲法学専攻。2004年6月に結成された「9条の会」呼びかけ人の一人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

女帝の否定と女性の政治領域からの排除を決定づけた皇室典範と家族法。その成立過程を再検討し、アンバランスな両性関係を規定した近代日本の法制度や国家道徳が抱えもつ二重構造を解き明かす。

【目次】(「BOOK」データベースより)

序章 近代国民国家の編成と両性関係/第1章 明治初期における両性の関係をめぐる議論/第2章 新律綱領「妻妾二等親」規定の波紋/第3章 皇室典範作成課程における皇位継承の問題―女系・女帝に関して/第4章 国体・教育勅語・国民道徳/第5章 家制度と庶子/第6章 法典調査会における議論―明治三一年民法の性格/第7章 近代公娼制度の成立過程―東京府を中心に/第8章 一九〇〇~一九一〇年代の両性の関係/終章 両性関係からみる日本近代の国家と社会、個人

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

早川紀代(ハヤカワノリヨ)
1941年生まれ。1970年、東京都立大学大学院人文科学研究科(哲学専攻)修士課程修了、博士(文学)。現在、横浜市立大学などで非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

日本の近代は両性関係についてどんな社会を創り出したのか!「一夫一婦制」の帰趨に焦点を合わせて、皇室典範・刑法・民法の成立過程と公娼制の再編過程を追究し、同時に新聞投書欄に男女関係の理念と現実、その変貌を見る―近代社会論に新しい境地を拓く労作。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 明治初期における両性の関係をめぐる議論―新聞の投稿から/第2章 新律綱領「妻妾二等親」規定の波紋―元老院の妾論議にかかわって/第3章 皇室典範作成過程における皇位継承の問題―女系・女帝に関して/第4章 家制度と庶子/第5章 近代公娼制度の成立過程―東京府を中心に/第6章 1910年代の両性の関係―『読売新聞』婦人附録「身の上相談」欄、1914‐1917年から


悠仁天皇と皇室典範


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

秋篠宮殿下にご男児誕生か!?男系男子天皇だけが、皇統を救う!女性天皇・女性宮家・女系天皇はすべて、皇統を自然的に消滅させる、天皇制廃止の劇薬である。―皇位継承をめぐる国民の疑問のすべてに答える書。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 急ぐべき「旧皇族の男系男子」全員の皇籍復帰/第2章 「有識者会議」は、“天皇制廃止の革命会議”/第3章 天皇・皇族を皇位継承審議から排斥した無法と暴挙―「有識者会議」は、法文上の瑕疵を徹底悪用した/第4章 “皇室典範の解体”による天皇制廃止/第5章 「女性天皇は中継ぎ」を否定する虚説の洪水―女系天皇の創設は、天皇制度の自然廃絶/第6章 「女性天皇」論は、天皇制廃止の共産革命―絞首刑路線から、自然消滅路線への転換/第7章 「天皇制廃止論者」高森明勅の挙動不審/第8章 君主制こそ、“高貴ある国家”の淵源

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

中川八洋(ナカガワヤツヒロ)
昭和20(1945)年、福岡県生まれ。東京大学工学部航空学科宇宙工学コース卒。スタンフォード大学政治学科大学院修了。筑波大学助教授を経て、昭和62年に筑波大学教授となり、現在に至る。専門は、政治哲学・現代思想、および国際政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


日本人が知りたかった皇室の全て
第1章 万世一系の危機――皇室典範改正問題
第2章 女性天皇と女系天皇――八人一〇代の苦難の歴史
第3章 比類なきわが皇室――男系天皇を重んずる理由
第4章 天皇が救った日本の危機1――敗戦と明治維新
第5章 天皇が救った日本の危機2――元寇と南北朝
第6章 庶民に近付いた天皇――なぜ、万世一系に危機が訪れたか

【巻頭とじ込み】
天皇家125代系図(幅21センチ×縦98センチ)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

皇室の機能・役割とは何か?万世一系とはいかなる意味を持つか?この一冊で全て理解できます。巻頭とじ込み・天皇家125代略系図付き。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 万世一系の危機―皇室典範改定問題/第2章 女性天皇と女系天皇―八人一〇代の苦難の歴史/第3章 比類なきわが皇室―男系天皇を重んずる理由/第4章 天皇が救った日本の危機1―敗戦と明治維新/第5章 天皇が救った日本の危機2―元寇と南北朝/第6章 庶民に近付いた皇室―なぜ、万世一系に危機が訪れたか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

渡部昇一(ワタナベショウイチ)
皇室典範を考える会代表、上智大学名誉教授。1930年(昭和5年)、山形県鶴岡市に生まれる。上智大学大学院博士課程修了後、西ドイツのミュンスター大学、オックスフォード大学に留学し、哲学博士号、名誉哲学博士号を受ける。上智大学在職中に、フルブライト招聘教授としてアメリカの6大学にて講義。専攻は英語学、言語学。専門分野ではもとより、文明、歴史評論分野などで幅広く活躍。第1回正論大賞、第24回日本エッセイスト・クラブ賞受賞

こやす珠世(コヤスタマヨ)
1990年12月『ビッグコミックスピリッツ』増刊号の「向かい風」(シリーズ)でデビュー。「コイントス」「ゴロつきゴロー」などで好評を博す。現在、女性誌などで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)











スポンサーサイト



テーマ : 雑感 - ジャンル : 政治・経済

 | BLOG TOP |